2020年

8/8ページ

電子ジンバル搭載、富士フイルムがX-T200を発表

富士フイルムがAPS-CセンサーのエントリーモデルX-T200を発表しました。 こちらX-T100の後継機になります。 富士フイルムのサイトを見てみるとタイトルの上に 写真のみならず本格的な動画も手軽に撮影可能! 大切な思い出を色鮮やかに残す独自の色再現を楽しめる 富士フイルム公式サイトより と、書いてあり「写真はもちろん動画もちゃんと撮れるモデルですよ」というのをアピールされています。 主なスペ […]

【用語】アポダイゼーションフィルタ搭載のレンズ-独特のボケを生み出すレンズ

おはようございます。フリーフォトグラファーのけんちろです。先日YoutubeのLIVE配信をしているときに視聴者の方から頂いたチャットの中に こんなコメントがありまして…… 「あぽだいぜーしょん???」 となったわけです。 そこで、ここは一つお勉強ということで、少し調べてみました。今回はその内容をまとめます。 前提条件としてここではあくまで「カメラのレンズについているアポダイゼーションフィルタ」の […]

Youtube LIVE カメラと写真の雑談をしましょう #067

Youtube LIVE カメラと写真の雑談をしましょう #067 この記事は 2020/01/22 21:00から配信される、Youtube LIVEPhotoShooters-TV LIVE の配信予定内容を記載したShow noteです。 内容は逐次変更されます。 本日のLIVE配信はこちら 今週のニュース パナソニック、LUMIX S1R / S1の動作保証CFexpressカードを拡大h […]

【噂】キヤノンは2020年に4つの新しいフルサイズカメラをリリース

【噂】キヤノンは2020年に4つの新しいフルサイズカメラをリリース キヤノンが2020年に4台のフルサイズカメラをリリースすると言われています。 1つ目 今の所確定しているのが Canon EOS-1DX MarkIII こちらはすでに発表済みで予約も開始されてますね。さて、その他はどんな機種が予定されているのでしょうか? 2つ目 ミラーレス高画素機 こちらは先日も記事にしましたが、7,000万画 […]

【噂】7000万画素?キヤノンEOS-Rの次機種は2月に発表?

7000万画素時代に突入? キヤノンのEOS-Rの後継機が2月に発表されるのではないか?という噂があります。EOS-RSという高画素機になるとのことで、7000万画素クラスではないかという話が出てきます。 キヤノンはミラーレスに新規参入したとき、3000万画素代という「空いている椅子」に座ったイメージですし、他社が出しているスペックと同等のところでは勝負しないのかもしれません。EOS-Rもだいぶ値 […]

【コラム】カメラはスタイルで選ぶ時代に突入

2019年僕は正直「これ以上カメラは進化しないのではないか」と思っていた。概ね必要十分な昨日は揃ってしまい、画素数に関しても「2000万画素くらいが一番取り回しが良い」という風潮になってきていた。 しかしながらSONYがα7RIVをリリース。画素数は驚きの6100万画素 機能面としても「瞳AF」等、メカとしてのカメラからソフトとしての機能進化をするようになってきた。おそらくこれからも進化のスピード […]

モノクロ専用ライカ4000万画素搭載

ライカの哲学が詰まったモノクロ専用の高画素機 ライカはモノクロ専用の新モデル「ライカM10モノクロ」を発表。 モノクロームの真髄を追求 4000万画素のセンサーを搭載したライカM10モノクローム 外装はライカM10-P に似ているが、レンズ着脱ボタンも黒くなり、ライカのロゴも省略されており、よりシンプルなデザインになっている。 個人的には黒のシンプルなボディーに燦然と輝くライカのロゴマークが「かっ […]

NikonD5とNikonZ6のレタッチ耐性を比較【Youtube】

フラグシップ機と最新ミラーレスミドルレンジ機ではどちらがレタッチ耐性があるのか!? 2020年1月現在Nikonのフラグシップ機である「Nikon D5」そして、満を持して登場したミラーレス一眼のミドルレンジ機「Nikon Z6」 言わずとしれたNikonのフラグシップ機 Nikon D5今でも50万オーバーのカメラです。 そして最新のミラーレス機 Nikon Z6こちらはかなり新しいですが、20 […]

1 8