新商品 ニュース

モノクロ専用ライカ4000万画素搭載

ライカの哲学が詰まったモノクロ専用の高画素機

ライカはモノクロ専用の新モデル「ライカM10モノクロ」を発表。

モノクロームの真髄を追求

4000万画素のセンサーを搭載したライカM10モノクローム

外装はライカM10-P に似ているが、レンズ着脱ボタンも黒くなり、ライカのロゴも省略されており、よりシンプルなデザインになっている。

個人的には黒のシンプルなボディーに燦然と輝くライカのロゴマークが「かっこいいー」と思うのだが、このカメラを使う哲学を持っている人ならば、それすら「ださい」と思ってしまうのだろう。

特徴

特徴はイメージセンサーの画素数が4000万画素に引き上げられたことと、ISOの最低感度が320から160に下げられたことが挙げられる。

4000万画素という高画素になったということは、当然トリミング耐性もUPしたということだ。
これでより気軽にスナップができるカメラになったのではないだろうか?

サンプル写真

DPReviewにはサンプル画像がUPされているが、高画素化したにも関わらずものの質感はきれいに出ているように思える。
これは一度大きくプリントしたのを見てみたい。

モノクロしか撮れず価格もめちゃくちゃ高いカメラだが、所有欲としてはものすごくくすぐられるカメラである。

写真のオンラインコミュニティー「PhotoShooters-Lab」

PhotoShooters-Labとは

  • 写真やカメラのことをいつでも質問できる。
  • みんなにいつでも写真を見てもらえる。
  • ただ写真好きが雑談する。
  • たまにはオフラインで集まる

そんなオンラインコミュニティーです


詳細はこちら

  • この記事を書いた人

けんちろ

写真を撮る仕事をしてます。
YouTubeでカメラ系チャンネル配信中!
写真の楽しさを伝えたい! みなさんの写真ライフを知識の面からサポートします!

34歳の時、うつ病でサラリーマンプログラマーを脱サラ。
➡人生諦めモード ➡ど素人からプロフォトグラファに転身
➡現在人生超ポジティブ!

けんちろ Official Portfolio Site

おすすめ記事

1

プロがおすすめする初めて買うカメラはこれ!目次プロがおすすめする初めて買うカメラはこれ!高いカメラと安いカメラの違い1.操作性の違い2.堅牢性の違いその他の違いこのポイントを押さえとくべし一眼レフかミラーレスか?ダイヤルが前後にある機種を選ぼう毎日持ち歩けるデザインと重さカメラメーカーによる違い1. ...

2

ほぼ一択、プロカメラマンがおすすめする初めて買うストロボ機材目次ほぼ一択、プロカメラマンがおすすめする初めて買うストロボ機材ストロボを買う前に考えることクリップオンストロボとして使用する場合オフカメラでストロボを使用する場合まとめ カメラを初めて色々撮影していると「そろそろストロボほしいなぁ」「スト ...

3

大阪でフリーカメラマンをしています、けんちろです。今回は僕が使用している 料理撮影をするときに使用する機材 を紹介します。 色々あるのですが、お客様の店舗へ撮影に行く場合につかえて、比較的安価にそろえられるものを中心に紹介したいと思います。 以前料理撮影のセッティング動画をYouTubeにUPしまし ...

-新商品, ニュース
-, ,

© 2021 けんちろの写真とカメラBlog