富士フイルム X-T4を正式発表

富士フイルム X-T4を正式発表

富士フイルムが「FUJIJILM X-T4」を正式発表しました。
概ね事前の噂通りの驚異的なスペックでのリリースとなりました。
スペックの概要を見ていきましょう。

主な特徴

世界最高15コマ/秒の高速連写、最短約0.02秒の高速AF

  • 新開発のフォーカルプレーンシャッターを採用
  • 15コマ/秒の高速連写
  • 電子シャッター時は30コマ/秒(ブラックアウトフリー)
  • レリーズタイムラグ約0.035秒
  • シャッター耐久がX-T3比約2倍の30万回
  • シャッター音の静音化
  • アルゴリズムの進化により最短約0.02秒の高速AF
  • 優れた動体追尾、カメラから離れていく被写体も正確に捉える
  • 顔・瞳AF性能の向上

ボディ内手ブレ補正

  • X-H1比約8倍のブレ検出精度
  • 5軸・6.5段の手ブレ補正効果

大容量バッテリー

  • 新開発の大容量バッテリー「NP-W235」を採用
  • ノーマルモードで500枚、エコノミーモードで600枚の連続撮影が可能
  • 別売のバッテリーグリップにてNP-W235を2つ搭載可能。約1700枚の連続撮影

ファインダーモード

  • EVFの設定として「低照度優先」「解像度優先」「フレームレート優先」を搭載
  • 背面モニターの設定として「低照度優先」「解像度優先」を搭載

独自の色再現技術

  • イメージセンサーは裏面照射型約2610万画素「X-Trans CMOS4」を採用
  • 画像処理エンジンに「X-Processor4」を採用
  • フイルムシュミレーションに「ETERNAブリーチバイパス」を新搭載
  • オートホワイトバランスに「ホワイト優先」「雰囲気優先」を新たに搭載

動画撮影機能

  • 4K/60P 4:2:0 10bit SDカード内部記憶
  • 4K/60P 4:2:2 10bit HDMI出力
  • フルHD 240Pのハイスピード動画撮影(10倍スローモーション)
  • 電子手ブレ補正搭載
  • ボディ天面に静止画/動画切り替えダイヤルを新たに搭載
  • 静止画・動画にて独立した設定を保存可能

別売アクセサリー

  • 縦位置バッテリーグリップ(VG-XT4)
  • デュアルバッテリーチャージャー(BC-W235)
  • カバーキット(CVR-XT4)
  • クリップオンフラッシュ(EF-X8)

発売時期

2020年4月発売予定

価格

ボディ単体: 税別20万4,500円前後

レンズキット:税別26万4,500円前後
(キットレンズはXF16-80mmF4 R OIS WR)

まとめ

富士フイルムから「X-T4」が正式発表されました。
フラグシップ機ともとれるような化け物スペックでリリースですが、価格的にはX-T3とほぼ変わらない価格帯でのリリースとなりそうです。

APS-C機の最高峰カメラとして人気が出そうですね。

写真とカメラのYouTubeチャンネル【PhotoShooters-TV】

ニュースカテゴリの最新記事