オリンパス OM-D E-M1 MarkIIIを発表

オリンパス OM-D E-M1 MarkIIIを発表

オリンパスはOM-D E-M1シリーズの新しいカメラとして
OM-D E-M1 MarkIIIを発表しました。

OM-D E-M1 シリーズとの比較

今回MarkIIIということで主な仕様を

  • 2016年発売の OM-D E-M1 MarkII
  • 2019年発売の OM-D E-M1 X

と比較してみよう。

OM-D E-M1Mark IIIXMark II
イメージセンサーLive MOSセンサー
約2037万画素
Live MOSセンサー
約2037万画素
Live MOSセンサー
約2037万画素
内蔵手ブレ補正7段7段5.5段
レンズシンクロ手ブレ補正7.5段7.5段6.5段
手持ちハイレゾショット5,000万画素5,000万画素5,000万画素
連射速度約15枚/秒約15枚/秒約15枚/秒
AF測距点121点121点121点
動画C4K 24p
4K 30p
C4K 24p
4K 30p
C4K 24p
4K 30p

特徴

OM-D E-M1XのAFアルゴリズムを継承

マルチセレクター搭載

星空AF搭載

発売時期と価格

店頭販売予測価格

  • ボディー単体 税別20万前後
  • 標準ズームレンズキット 税別26万前後

発売日
2020年2月28日

まとめ

オリンパスより「OM-D E-M1 MarkIII」が発表されました。
2016年に発売されたMarkIIに対して、2019年に発売されたXのAF性能や手ブレ補正を追加してきたイメージですかね。

OM-D E-M1シリーズはマイクロフォーサーズの利点も活かし、超強力な手ブレ補正が魅力ですね。
「OM-D E-M1 Xはちょっとでかいから嫌だなぁ」
と思っていた方にはぴったりなのではないでしょうか?

特許出願中の「星空AF」というのも気になりますね。
通常はマニュアルフォーカスじゃないと合わない星空ですが、オートフォーカスが聞くことで、今までは逃していたシャッターチャンスをGet出来るかもしれません。

OM-D E-M1 Xは被写体をAIで認識してAFを合わしてくれる「インテリジェント被写体認識AF」が強力で、飛行機や鉄道、モータースポーツの撮影には「X」のほうが向いているそうです。

風景やポートレートをメインで撮ってるけど、強力な手ブレ補正に魅力を感じる方はMarkIIIを選択
という感じになりそうですね。

写真とカメラのYouTubeチャンネル【PhotoShooters-TV】

ニュースカテゴリの最新記事