新商品 ニュース

キヤノン RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM 発表と意味

キヤノンは先日、EOS R5を発表した。
それと同時に発表されたレンズが

  • RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM
  • エクステンダー RF1.4×
  • エクステンダー RF2×

である。

キヤノン RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM

キヤノンのミラーレスシステムであるRFマウントに対応した、超高倍率なレンズである。
写真を見る限り非常にコンパクトで、とても500mmまでの望遠が出来るとは思えないサイズだ。

そしてもう一つの注目ポイントが絞り値である。
500mmまで望遠にするとF7.1という開放絞り値になるという。
F7.1のレンズというのは今までに無い数値であるが、このことからも今までに無いコンパクトなレンズであることがうかがえる。

エクステンダー RF1.4× エクステンダー RF2.0×

それぞれ、「1.4倍」「2.0倍」のテレコンバーターである。
上記の「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」に「エクステンダー RF2.0×」を使用すると最大1000mmという超超望遠がコンパクトなサイズで手に入れることができそうだ。

このレンズとテレコンバーターが一緒に発表された意味

「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」と「エクステンダー RF2.0×」 が一緒に発表されたということは、当然これらを組み合わせて
快適に撮影が出来る
ということを言っているのだろう。

快適に撮影ができるということは、おそらく
「AFが効く」
ということではないだろうか?

カメラというのはAFが使えるレンズの明るさに制限がある。
昔は「中央の測距点でF5.6のレンズまで」とかだったのだが、最近のキヤノンで言うと

Canon 1Dx MarkIII 全域F8

EOS R 全域F11

までいけるらしい。

しかしながら、今回の
「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」と「エクステンダー RF2.0×」
の組み合わせだと
F7.1から2段暗くなるので

F14

でAFが動く必要がある。

となると、この製品と一緒に発売された
「EOS R5」については、F14で動くAFシステムが入っているのではないだろうか?

https://blog.kenchiro.com/2020/canon-eos-r5-2/

EOS R5に関しては各所化け物スペックが並んでいるが、化け物度がまた一段回上がるということになりそうだ。

写真のオンラインコミュニティー「PhotoShooters-Lab」

PhotoShooters-Labとは

  • 写真やカメラのことをいつでも質問できる。
  • みんなにいつでも写真を見てもらえる。
  • ただ写真好きが雑談する。
  • たまにはオフラインで集まる

そんなオンラインコミュニティーです


詳細はこちら

  • この記事を書いた人

けんちろ

写真を撮る仕事をしてます。
YouTubeでカメラ系チャンネル配信中!
写真の楽しさを伝えたい! みなさんの写真ライフを知識の面からサポートします!

34歳の時、うつ病でサラリーマンプログラマーを脱サラ。
➡人生諦めモード ➡ど素人からプロフォトグラファに転身
➡現在人生超ポジティブ!

けんちろ Official Portfolio Site

おすすめ記事

1

プロがおすすめする初めて買うカメラはこれ!目次プロがおすすめする初めて買うカメラはこれ!高いカメラと安いカメラの違い1.操作性の違い2.堅牢性の違いその他の違いこのポイントを押さえとくべし一眼レフかミラーレスか?ダイヤルが前後にある機種を選ぼう毎日持ち歩けるデザインと重さカメラメーカーによる違い1. ...

2

ほぼ一択、プロカメラマンがおすすめする初めて買うストロボ機材目次ほぼ一択、プロカメラマンがおすすめする初めて買うストロボ機材ストロボを買う前に考えることクリップオンストロボとして使用する場合オフカメラでストロボを使用する場合まとめ カメラを初めて色々撮影していると「そろそろストロボほしいなぁ」「スト ...

3

大阪でフリーカメラマンをしています、けんちろです。今回は僕が使用している 料理撮影をするときに使用する機材 を紹介します。 色々あるのですが、お客様の店舗へ撮影に行く場合につかえて、比較的安価にそろえられるものを中心に紹介したいと思います。 以前料理撮影のセッティング動画をYouTubeにUPしまし ...

-新商品, ニュース
-

© 2021 カメラとけんちろ