キヤノンEOS R5新情報 (画素数4000万画素?)

キヤノンEOS R5新情報 (画素数4000万画素?)

キヤノン「EOS R5」の特別サイトが更新され、新情報が掲載されております。

キヤノンEOS R5新情報

AF被写体検出

オートフォーカス時に被写体を認識しピントを合わせる機能のようです。

サイトには
「犬・猫・鳥」の
「全身・顔・瞳」に対応
と書かれてあります。

「全身・顔・瞳」を分けて認識できるということは、単純に「動物の顔パーツ」として認識しているわけではなく、動物個体の各部位を認識しているということで、今までより一歩進んだ動物対応AFになりそうですね。

これとか人間でも「目」の検出が難しそうですがいけるんですかね?

ぱっと見「瞳」ばっかりに見えますがいけるんですかね?

あえてなのか「人間」とは書かれていませんが、かなりの対象物に対して
「被写体を認識して」オートフォカースが出来るようです。

これだけ詳細な被写体検出が出来るのなら、リリース後もファームウェアのバージョンアップとかでどんどん認識できるものが増えそうです。

8K動画に関する新情報

話題の8K動画に関しても新情報がリリースされました。

  • フレームレート29.97fpsを実現
  • 水平方向クロップなしでの撮影可能
  • 全モードデュアルピクセルCMOS AF可能
  • 内部記録可能

わたしは以前こんな記事を書きました。

はい、すみません。
予想は(良い意味で)裏切られました。

正直デュアルピクセルCMOSでの8K動画とか実現できるとは思っていませんでした。
ということは、今までキヤノンのミラーレスでは下記の少し弱い部分がありました。

  • 内蔵手ブレ補正がない
  • 4K動画はクロップされてしまう
  • 一部デュアルピクセルCMOS AF(位相差検出AF)が出来ない場合がある

EOS R5ではこれらの課題を全てまるっと解決してきたわけです。

しかも8K動画時も外部レコーダーを使用せず、カメラだけで撮影ができるとのこと。

これはまさにゲームチェンジャーなカメラですね。

画素数は4000万画素?

ここでサラッと書かれているのが
「水平方向クロップなしで8Kを撮影」
ってことです。

8Kの水平画素数は7680pxです
センサーサイズが3:2とすれば
7680 : x = 3 : 2

x = 5120
となり、縦方向のピクセル数は5120pxになります。

7680 x 5120 = 約3932万画素
となるので、EOS R5の画素数は4000万画素程度になりそうですね。

まとめ

キヤノンEOS R5は新情報がリリースされるごとに
度肝を抜かれるスペックが明るみになってきています。

まだ発売時期の発表はないですが、噂によれば今年の真ん中あたりにはリリースされるのではないか?
とも言われています。

何にせよ2020年を代表するカメラになることは間違いなさそうです。

YouTubeで解説してます

本内容をYouTubeで解説してます。

写真とカメラのYouTubeチャンネル【PhotoShooters-TV】

ニュースカテゴリの最新記事